業務案内
ご依頼の手順 TEL/FAXでのお問合せ メールでのお問合せ 分析依頼票のダウンロード
トップ > 業務案内 > 環境汚染物質の分析 POPsなど有機ハロゲン化合物の分析 PFOS/PFOA
POPsなど有機ハロゲン化合物の分析
 
PFOS/PFOA

 当社は、国内外の有識者とともにペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)やペルフルオロオクタン酸(PFOA)を始めとする有機フッ素化合物 (PFCs)の分析方法の確立に取り組み、各媒体(環境大気、排ガス、水、底質、製品中、廃棄物中等)における分析方法を確立しています。
 
環境中や生体中のモニタリング、材料や製品中の含有量調査、PFOS含有廃棄物の分解処理時の調査などの実績も豊富です。
 お気軽にご相談ください。
 グリーン調達については以下もご覧ください。

 PFOS/PFOA分析 https://www.shimadzu-techno.co.jp/annai/s01-02.html


■PFOS/PFOAとは
 PFOSやPFOAおよびそれらの関連物質は、撥水剤、表面処理剤、防汚剤などとして各種材料や薬品に添加剤として用いられてきましたが、近年、地球規模での環境残留性や生体蓄積性が明らかとなったためにさまざまな規制が始まっています。

■規制等
 国際的には、残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(POPs条約)において規制が行われています。
 「PFOSとその塩およびPFOSF」は、日本も含め現時点で代替の見通しの立たない用途(エセンシャルユース)があることから、2009年5月に開催された第4回締約国会議(COP4)において、附属書B(制限)に追加されました。
 また、2018年10月に開催された残留性有機汚染物質検討委員会第14回会合(POPRC14)において、「PFOAとその塩及びPFOA関連物質」について条約上の廃絶対象物質(附属書A)への追加を締約国会議に勧告すること、「PFHxSとその塩及びPFHxS関連物質」についてリスク管理に関する評価を検討する段階に進めることが決定されました。

     PFOSF:パーフルオロオクタンスルホン酸フルオリド
     PFHxS:ペルフルオロヘキサンスルホン酸

 <POPs条約関連の物質の構造>

 
略称 構造式 名称及びCAS番号
PFOS Perfluorooctane sulfonate
CAS番号:1763-23-1
PFOA Perfluorooctanoic acid
CAS番号:335-67-1
PFOSF Perfluorooctane-1-sulfonyl fluoride
CAS番号:307-35-7
PFHxS Perfluorohexane sulfonic acid
CAS番号:355-46-4

 国内では、「PFOSとその塩およびPFOSF」が平成22年4月1日に化審法の第一種特定化学物質に指定され、製造及び輸入の許可制、使用の制限等の措置が講じられています(ただし、代替の見通しが立たないことから、例外的にPFOS又はその塩を使用できる用途として、エッチング剤の製造等を定めています)。


■分析方法について
 PFOS/PFOAの分析にはLC/MS/MSを用い、ESI(-)で測定します。PFOAはHPLCシステム由来のブランクがあるため、試料中の目的成分であるPFOAと分離するためにディレイカラムを取り付けて測定しています。
 これにより、システム由来のブランクの溶出時間が遅れ、試料中のPFOAと分離した状態で分析できます。

実績
 環境省の「POPs残留状況の監視事業(大気、生物)(通称POPsモニタリング調査)」では、2010年度より測定対象項目にPFOS、PFOAが追加されています。当社は、大気・生物試料中のこれらPFOS、PFOAの分析法を確立し、この大規模調査に貢献しています。
 「PFOS含有廃棄物の処理に関する技術的留意事項(平成23年3月環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)」に基づく、PFOS含有廃棄物の分解処理時の調査も数多く受託しています。この他、多くの公的研究機関や大学などからもPFOS/PFOA関連調査を受託しています。お気軽にご相談ください。
[any value]
[any value]
page top
[any value]