業務案内
ご依頼の手順 TEL/FAXでのお問合せ メールでのお問合せ 分析依頼票のダウンロード
トップ >  業務案内 > 分析テーマ トラブルシューティング 工業製品の異物検査
トラブルシューティング
 
工業製品の異物検査
 樹脂製品等では、海外での製造や調達が盛んになり、仕様とは異なる添加剤が添加された樹脂材料が納入されるケースや、設計通りの性能を発揮しているかどうか確認できていない製品が出回ってしまうケースなどもあるようです。
 RoHS、REACH・SVHC等に代表される有害物質、有害性が高く懸念される化学物質、シックハウス症候群の原因とされるVOC規制等、使用制限対象物質は増加し、規制・基準はより厳しくなっている昨今です。そのため、製品販売先の国々の法令を遵守できるよう化学物質を管理することは大変です。
 PVC等に用いられる可塑剤のフタル酸エステル類もその規制対象物質類の一例ですが、下記の表のように国や地域ごとの管理対応が必要になるケースがあります。 フタル酸エステル分析の詳細はこちら >>

日本、EU、米国におけるフタル酸エステル含有おもちゃ等に係る規制
  日本 EU アメリカ
関係法令等 食品、添加物等の規格基準
(厚生省告示第370号)
欧州指令 2005/84/EC2) CPSIA Section 1085)
規制内容 ・DEHP・DBP・BBP
乳幼児が接触することによりその健康を損なうおそれのあるおもちゃに対して含量0.1%以下

・DINP・DIDP・DNOP
乳幼児が口に接触することをその本質とするおもちゃに対して、含量0.1%以下
・DEHP・DBP・BBP
流通する全ての玩具・育児用品に対して、上限基準値合計0.1%を超えないこと

・DINP・DIDP・DNOP
口に含む可能性のある玩具・育児用品に対して、上限基準値合計0.1%を超えないこと
・DEHP・DBP・BBP
流通する全ての玩具・育児用品に対して、上限基準値合計0.1%を超えないこと

・DINP・DIDP・DNOP
口に含む可能性のある玩具・育児用品に対して、上限基準値合計0.1%を超えないこと
分析方法 食安発0906第4号1) CPSC-CH-C1001-096)
その他 REACH規制
高懸念物質(SVHC)候補リスト3)にフタル酸エステル13物質がCMR物質4)として収載されています。
RoHS指令
優先的に禁止を検討するべき物質として4物質が記載されており、この中にフタル酸エステル類3物質(DEHP・DBP・BBP)が含まれています。
California Proposition 657)
がんまたは生殖毒性を引き起こすことがカリフォルニア州に知られている有害な化学物質としてフタル酸エステル類6物質(DEHP・DBP・BBP DINP DIDP DHP)がリストアップされています。
1) 食安発0906第4号 別紙 ポリ塩化ビニルを主成分とする合成樹脂おもちゃにおける6種類のフタル酸エステル類試験法
2) Official Journal of the European Union, DIRECTIVE 2005/84/EC, 14 December, 2005
3) Candidate List of Substances of Very High Concern for Authorisation
4) carcinogenic, mutagenic or toxic for reproduction発がん性、変異原生、生殖毒性
5) CPSIA(Consumer Product Safety Improvement Act of 2008)Section 108, The U.S. Consumer Product Safety Commission
6) CPSC-CH-C1001-09 3. Standard Operating Procedure for Determination of Phthalates April 1st, 2010

7) Proposition 65 Safe Drinking Water and Toxic Enforcement Act of 1986

 金属材料では、樹脂材料ほど複雑ではないものの、類似組成の海外規格製品がJIS規格同等品として用いられるケースがあります。
調達した部材が、要望の規格に適合した材料を用いているかどうか確認のための組成分析のご要望が多くなっています。しかし、組成分析のみでは、強度・耐久性もJIS規格製品と同じとは限りません。
当社では、CAE解析に欠かすことのできない引張や疲労の試験、微小硬度試験、疲労による破断面の調査なども承っております。

電子部品や組み立て製品は、材質としての欠陥検査はもちろんのこと、設計上認識されていなかった内部に潜む形状・構造の欠陥、たとえば接触不良や、部品同士の間隔(クリアランス)、割れ等をX線CT観察で非破壊で見つけることができます。
良質な立体データが得られれば、STL変換を経て3D-CADでも扱えるようになります。試作品の評価、既存製品の改良、3Dプリンターにもご利用いただけます。
これらは、異物混入や、材質および構造的欠陥等、不良品の発生を未然に防ぐ設計・開発にもお役立ていただけます。

電解コンデンサ内部   携帯電話用カメラの断面
電解コンデンサ内部   携帯電話用カメラの断面


[any value]
page top
[any value]