技術情報
ご依頼の手順 TEL/FAXでのお問合せ メールでのお問合せ 分析依頼票のダウンロード
トップ > 技術情報 > 物性測定 > 板状試料のゼータ電位測定
板状試料のゼータ電位測定
 ゼータ電位は、固体表面の引力または反発力の尺度となるもので、分散安定性を評価するパラメータとして広く利用されています。 ゼータ電位測定法の一つに、溶液に電場をかけたときの粒子の移動度からゼータ電位を測定する電気泳動法があります。
 当社では、電気泳動法により、粒子試料だけでなく、板状試料のゼータ電位を測定することも可能です。
 トレーサー粒子を分散させた溶液中に、板状試料を浸し、電場をかけ、板状試料表面によって変化するトレーサー粒子移動度から 板状試料のゼータ電位を測定した事例を紹介します。

■測定原理
 ゼータ電位 レーザードップラー電気泳動法

■試料調整
 アルミニウム板を、アルコールアミン(メタノールアミン)5%添加温水(90℃)に30分間浸漬することで ベーマイト処理したアルミニウム板のゼータ電位を測定しました。
 トレーサー粒子は、Zeta Potential Transfer Standard DTS1230(pH9.2)(マルバーン社)を使用しました。

■測定結果
 測定の結果、ベーマイト処理したアルミニウム板のゼータ電位は-49mVと大きくマイナスとなり、これは水酸基の影響によると推測されます。

Zeta Potential Intercept -21mV
Tracer Zeta Potential   -70 mV
表面ゼータ電位 -49mV













図 Surface Zeta Point versus Displacement

図 Surface Zeta Point versus Displacement