技術情報
ご依頼の手順 TEL/FAXでのお問合せ メールでのお問合せ 分析依頼票のダウンロード
トップ > 技術情報 > 構造解析 > 色素増感太陽電池 色素のラマンイメージング
色素増感太陽電池 色素のラマンイメージング
 顕微ラマン分光光度計によるマッピング測定により、物質の構造(結合状態、結晶性や欠陥など)や成分の分布などを可視化 (ラマンイメージング)することが可能です。

  分析装置

 TiO2電極部分のマッピング測定を行い、吸着した色素のイメージングを作成しました。
 図1に色素およびTiO2の各スペクトル(図2)が相対的に強く検出した部分をそれぞれマゼンタとシアンで示しました。

 顕微ラマン分光法によるマッピング測定により、TiO2電極に吸着した色素の分布の様子を可視化できました。


 
図1 色素とTiO2のラマンイメージング像    色素
 TiO2
 
    図1 色素とTiO2のラマンイメージング像

  図2 色素とTiO2のラマンスペクトル
    図2 色素とTiO2のラマンスペクトル