技術情報
ご依頼の手順 TEL/FAXでのお問合せ メールでのお問合せ 分析依頼票のダウンロード
トップ > 技術情報 > 物性測定 > 潤滑油の粘度と温度の関係
潤滑油の粘度と温度の関係
 粘度の測定にはいくつかの種類の測定方式があります。
 音叉型振動式粘度計を用いた静粘度(以下 粘度)の測定例を紹介します。本法は、試料中の振動子(感応板)の振動を制御し、 その振動子をドライブする電流を測定し粘度を求めます。

 ■測定内容
 潤滑油の温度変化に対する粘度変化を測定しました。

■試料
 マシンオイル(IOS VG 46)、エンジンオイル(10W40)

■測定方法
 試料を約80℃まで加熱後、-15℃まで冷却したときの粘度を測定しました。

■測定結果
 図1は横軸を温度、縦軸を粘度としたグラフです。 エンジンオイル(赤色)は冷却による粘度の上昇は緩やかですが、マシンオイル(緑色)は -5℃付近から急激に粘度が上昇していることがわかります。
また、図2は縦軸(粘度)を対数目盛で表したものです。図1では不明瞭だった80℃〜-5℃までの粘度変化をわかりやすく表しています。

  図1 潤滑油の粘度と温度の関係
    図1 粘度と温度の関係
  図2 粘度(対数目盛)と温度の関係
    図2 粘度(対数目盛)と温度の関係