技術情報
ご依頼の手順 TEL/FAXでのお問合せ メールでのお問合せ 分析依頼票のダウンロード
トップ > 技術情報 > 有機・クロマト分析 > 無機ガス・低級炭化水素の分析
無機ガス・低級炭化水素の分析
 バリア放電イオン化検出器(BID)を搭載したガスクロマトグラフTracera(島津製作所)は、 ヘリウムとネオンを除くほとんどの化合物を、TCD やFID などの汎用検出器と比較して、高感度に検出することが可能です。 BIDを搭載したGCによるガス分析事例を紹介します。
■無機ガス・低級炭化水素の一斉分析
 
   これまで一斉分析が困難だった成分が、BIDでは同時検出することが可能です。 無機ガス及び低級炭化水素の混合ガスを分析した例を図1に示します。試料のガス量が少なく複数回の測定が困難な場合に有効です。
    
  図1 無機ガス及び低級炭化水素の一斉分析例
  図1 無機ガス及び低級炭化水素の一斉分析例

■エチレンガス中不純物の高感度測定
   TCDでは困難だった無機ガスの高感度測定が可能です。 エチレンガス1mLを分析した例を図2に示します。この事例では微量不純物としてH2(40ppm)、 CO(2ppm)、CH4(25ppm)及びCO2(40ppm)が検出されました。
 
  図2 エチレンガス中の不純物分析例
  図2 エチレンガス中の不純物分析例

注)試料組成によっては当該装置の適応が困難な場合があります。
2015.4.17