background image background image

熱物性測定

概要

物質の低温・高温下などの条件での変化を測定するのが、熱物性測定です。

分析・試験装置

示差熱-熱重量同時測定装置〔TG-DTA〕
示差熱・熱重量(TG/DTA)同時測定装

示差熱・熱重量
(TG/DTA)同時測定装置

TG -  熱重量測定は、試料の温度を一定の速度で変化させ、その時起こる重量変化を測定
DTA - 示差熱測定は、定速昇・降温や、等温に保持した時、試料で起こる熱変化を試料と基準物質の間の温度差として検出
測定温度: 室温 ~ 1400℃
測定項目: 重量変化、蒸発、分解、ガスの吸・脱着、脱水 ※TG測定あるいは、DTA測定単独の測定装置も設備しています。
示差走査熱量計〔DSC〕
示差走査熱量計

示差走査熱量計

 
DSC -  示差走査熱量測定は定速昇・降温や等温保持に際しての試料の吸・発熱量や比熱容量を測定
測定温度: -140 ~ 700℃
測定項目: 結晶化温度、結晶転移、蒸発、重合、硬化、分解反応、比熱
熱機械測定装置〔TMA〕
熱機械測定装置

熱機械測定装置

 
試料を加熱した際の膨張、収縮などの機械的な寸法変化を測定
測定温度: 室温 ~ 1400℃
測定項目: 線膨張率、軟化点、ガラス転移温度、フィルム伸長率

 

関連情報