業務案内
ご依頼の手順 TEL/FAXでのお問合せ メールでのお問合せ 分析依頼票のダウンロード
トップ >  業務案内 > 分析分野 機械試験 > 粘弾性測定試験
機械試験
●静的試験            ●動的試験     ●高速衝撃試験、高速引張試験   ●硬さ試験・微小圧縮試験
●撮像ビデオカメラ   ●デジタル画像相関法(DIC解析) (非接触変形計測)     ●粘弾性測定試験     ●信頼性試験
 さまざまな材料・部材・製品の強さ、靭性、延性、硬さなどの機械的性質を調べる機械試験を行っています。 また、耐久性や信頼性を評価するため、人工的に作り出した環境に試料を暴露させ(信頼性試験)、試料の観察や機械特性の評価を行っています。 JIS等の各種規格に基づく機械試験の他に、熱機械測定装置(TMA)による材料の膨張・収縮、示差走査熱量測定(DSC)によるポリマーの結晶性評価なども行っています。 熱物性の測定については、「物性測定 熱物性の測定」をご覧ください。
粘弾性測定試験
 熱可塑性樹脂、熱硬化性樹脂、トナー、複合材、ゴムなど様々な流動性材料の粘弾性を測定します。

    主な装置:
定試験力押出形 細管式レオメータ フローテスタ CFT
        仕様   試験力範囲 0.4903〜49.03MPa (0.4903MPaステップ)
            試験方法 定温法、昇温法
            温度範囲 (室温+20℃)〜400℃
    試験項目:粘度、せん断速度、軟化温度、流出開始温度
    試験対象:熱可塑性樹脂、熱硬化性樹脂、複写機用トナー、ゴム材料、
       セラミックス材料、食品(チュウイングガム)
  フローテスタ(CFT)
定試験力押出形 細管式レオメータ
フローテスタ CFT

    主な装置:
ムーニービスコメータ SMV
        仕様   最大ムーニー粘度 200M
    試験項目:ムーニー粘度、スコーチタイム、最低ムーニー粘度、応力緩和測定
    試験対象:配合ゴム
    適合規格:JIS K 6300-1、ISO 289-1,2,3,4、ASTM D 1646
  ムーニービスコメータ(SMV)
ムーニービスコメータ SMV


[any value]
page top