技術情報
ご依頼の手順 TEL/FAXでのお問合せ メールでのお問合せ 分析依頼票のダウンロード
トップ > 技術情報 > 非破壊観察 > 食品の内部観察
食品の内部観察
 X線CTでは、食品を前処理や加工することなくそのまま内部観察することが可能です。

 [サンプルその1] 香辛料(胡椒) 3種  
  1粒の直径が約4mmの市販のブラックペッパー,ホワイトペッパーおよびピンクペッパーです。
 内部観察の結果、ホワイトペッパーとブラックペッパーは、真ん中に1mmφ弱の空洞とその周りには約60μmφの微小な空洞(すいかの種の様)が多数見られました。この2種の中身は同じで、ホワイトペッパーはブラックペッパーの外皮が無いものです。これらに対し、ピンクペッパーの内部は全く異なり、大きな空洞が存在します。
[ブラックペッパー]
  ブラックペッパー1 ブラックペッパー2 ブラックペッパー3
  全体の3D画像 任意断面の3D画像 任意の断面像
[ホワイトペッパー]
  ホワイトペッパー1 ホワイトペッパー2 ホワイトペッパー3
  全体の3D画像 任意断面の3D画像 任意の断面像
[ピンクペッパー]
  ピンクペッパー1 ピンクペッパー2 ピンクペッパー3
  全体の3D画像 任意断面の3D画像 任意の断面像 160CTS

[サンプル その2] 乾麺:はるさめ、そうめん、スパゲティ
 はるさめには大きな楕円形の空隙が、そうめんには延伸方向に細長い空隙がそれぞれ認められましたが、スパゲティには空隙は認められませんでした。
  はるさめ そうめん スパゲティ
  はるさめ1 そうめん1 スパゲティ1
  全体の像
  はるさめ2 そうめん2 スパゲティ2
  断面像 160CTS


 [サンプル その3] 棒付きキャンディ
 内部観察の結果、気泡が認められたため、空隙の検出を行ない空隙の大きさによって色別に表示しました。
 このように内部の空隙の分布状態を可視化できます。
  キャンディ1 キャンディ4
  全体 空隙の大きさによる色別表示  

 


[サンプル その4] サラミとカルパス
 カルパスとサラミをX線CTで撮像しました。
 サラミは水分量35%以下のドライソーセージですが、カルパスは水分量55%以下のセミドライソーセージです。さらにカルパスは乾燥前に加熱処理しますが、サラミは乾燥処理のみです。
 観察像には赤身と脂肪や香辛料との密度の差異がコントラストに反映されています。黒い点に見えるものが内部の空隙、白く見えるものが香辛料です。
 内部のボイドの欠陥解析を行いました。カルパスのほうが、大きなボイドが多いことがわかります。 また、赤身、脂肪の体積比を解析しました。サラミよりカルパスのほうが脂肪が少ないことがわかります。

  ●X線CT像    
  サラミ
  カルパス
  断面像     VR像    断面像     VR像

  ●ボイド解析結果    
  サラミ

  カルパス

  ●赤身、脂肪の体積比    
  サラミ     カルパス  
 
赤身 脂肪
41.2% 58.8%
 
赤身 脂肪
60.5% 39.5%



[サンプル その5]  コーヒー豆:市販品
 内部観察の結果、焙煎豆には生豆よりも大きな空隙が存在し、焙煎度が高くなるほど空隙が大きくなることが認められます。
  生豆 中煎り豆 深煎り豆
  生豆1 中煎り豆1 深煎り豆1
  全体の像
  生豆2 中煎り豆2 深煎り豆2
  断面像 160CTS

[サンプル その6] チョコレート:市販品
内部に存在する気泡が明瞭に確認できます。
  チョコレート1 チョコレート2
  全体 断面像 225CT

[サンプル その7] 栗まんじゅう:市販品
皮と餡の密度の差異がコントラストに反映されています。
  まんじゅう1
まんじゅう2 まんじゅう3
  全体 断面像1 断面像2 225CT

2017.3/2020.09.28