技術情報
ご依頼の手順 TEL/FAXでのお問合せ メールでのお問合せ 分析依頼票のダウンロード
トップ > 技術情報 > 物性測定 > 溶媒と材料の組み合わせによるぬれ性(接触角)の違い
溶媒と材料の組み合わせによるぬれ性(接触角)の違い
  液体と固体の相互作用は、その組み合わせにより異なります。
 ここではぬれ性評価装置を用いて、潤滑油を例に金属材料に対するぬれ性の違いを測定しました。

 同じ潤滑油をブリキ板およびステンレス板(JIS SUS304)に滴下し、その接触角の変化を測定しました。
 下図に接触角の経時変化を示します。
 測定の結果、この潤滑油は、ステンレス板の方がブリキ板よりもぬれ易いことがわかりました。

 ぬれ性の評価試験では、実際に使用する材料の組み合わせにより、その相互作用を直接評価することが可能です。

図:接触角の経時変化
図:接触角の経時変化