background image background image

におい識別装置を用いたノンアルコールビールのにおいの比較

2013年06月17日更新

概要

 近年、味の向上、社会的な需要増などに伴い、多くのノンアルコール飲料を目にする機会が増えました。
 ノンアルコール飲料の中でも、成長著しい「ノンアルコールビール」のブランド間の香りの相違について、島津におい識別装置(FF-2020S)を用いて、比較を行った結果を紹介します。

試料

試料名 情報
A社 ノンアルコールビール カロリーオフ
B社(黒) ノンアルコールビール 黒ビール風味
B社 ノンアルコールビール
C社 ノンアルコールビール カロリーオフ、糖質ゼロ
D社 ノンアルコールビール カロリーオフ

分析・試験結果

 基準ガスに対する「類似度」(図1)や「臭気寄与」(図2)から各社のノンアルコールビールのにおい質や香りへの寄与度が僅かに異なる傾向が見られました。
 「臭気指数相当値」(図3)から他社に比べ、カロリーオフ、糖質ゼロであるC社の製品の香りの強さが小さいことがわかります。
 さらに、「試料間類似度」(図4)ではにおい質について、A社とC社間、B社の製品間(黒ビール風味とそうでないもの)がそれぞれにおい質が近いことがわかりました。
 このように、におい識別装置を用いることで各試料間の「におい」、「香り」の違いを視覚的に表現することが可能です。

ruiji1

図1 類似度

kanrui1

図2 臭気寄与

souto1

図3 臭気指数相当値

souto1

図4 試料間類似度

関連情報