技術情報
ご依頼の手順 TEL/FAXでのお問合せ メールでのお問合せ 分析依頼票のダウンロード
トップ > 技術情報 > 有機分析 > LC-MSによるシアル酸(N-アセチルノイラミン酸)分析
高速液体クロマトグラフ質量分析計(LC/MS)によるシアル酸(N-アセチルノイラミン酸)の分析
 シアル酸は、細胞表面の糖鎖末端に存在する糖の一種(酸性糖)で、人の免疫機能と深く関わっていることが知られおり、抗インフルエンザ薬として利用されているほか、医薬品・機能性食品などにも応用されています。
 シアル酸の主成分であるN-アセチルノイラミン酸を、LC/MSを用いて分析した例を紹介します。


【N-アセチルノイラミン酸標準溶液のscan測定 】
N-アセチルノイラミン酸標準溶液について、エレクトロスプレーイオン(ESI)化法の負イオンモードでscan測定を行ったときのTICとマススペクトルを示します。負イオンESIで、 N-アセチルノイラミン酸の脱プロトン化分子[M-H]-がm/z 308に観察されました。


全イオンクロマトグラム(TIC)  

N-acetylneuraminic acid M.w.309.273

 


【実試料中のN-アセチルノイラミン酸の定量 (SIM測定)】
実試料として、ツバメの巣・牛乳・ヨーグルトホエイ(乳清)*を用いて、各試料中に含まれるN-アセチルノイラミン酸の定量を行いました。以下に、N-アセチルノイラミン酸の検量線と各試料溶液のSIMクロマトグラムを示しました。
*ヨーグルトホエイ(乳清):ヨーグルトを静置しておくと表面上に分離してくる上澄みのこと。


ツバメの巣
牛乳
ヨーグルトホエイ
  面積と濃度
*牛乳・ヨーグルトホエイにつきましては、含有量は1mL=1gとして換算しています。
試料 N-acetylneuraminic acid
試料中濃度 含有量(%)
ツバメの巣 66.1 mg / g 6.61
牛乳 0.138 mg / mL 1.38×10-2
ヨーグルトホエイ 0.0630 mg / mL 6.30×10-3
【分析条件】
カラム Imtakt Unison UK-Amino (2 mmI.D.×100 mmL)
移動相

A ; 10mM ぎ酸アンモニウム
B ; 90% アセトニトリル(10mM ぎ酸アンモニウムを含む)

イオン化モード ESI (-)