技術情報
ご依頼の手順 TEL/FAXでのお問合せ メールでのお問合せ 分析依頼票のダウンロード
トップ > 技術情報 > 表面分析・形態観察 > EPMAによる燃料電池の分析
EPMAによる燃料電池の分析
 原油価格の高騰や環境規制などにより、化石燃料に代わるエネルギー源として着目され、 幅広い分野で燃料電池の研究開発が行なわれています。
 電子線マイクロアナリシス(EPMA)は、固体高分子型燃料電池(PEFC)の研究開発に有効な分析手法です。 PEFCは水素燃料と酸化剤を電極に供給して、電気化学反応によって電気と水を生成する仕組みは他の燃料電池と同じですが、 電解質にフッ素系およびスルホン酸系が結合した高分子を利用しておりイオン透過性や耐酸性、耐熱性に優れています。
 分析データ例はMEA(Membrane-Electrode-Assembry)のマッピングデータです。
 電解質および電極と触媒層における種々の元素挙動を観察することにより、触媒反応や劣化などのプロセスを解明することが可能です。


EPMA分析データ例
EPMA分析データ例