ニュース一覧
ご依頼の手順 TEL/FAXでのお問合せ フォームでお問合せ 分析依頼票のダウンロード
トップ > ニュース > 2018年 >第27回環境化学討論会でPOPsやPAHs等の研究成果を発表しました

新着情報

 第27回環境化学討論会で連名を含み、8題の研究成果を発表しました
 (沖縄県市町村自治会館 2018.5/22-25 主催:一般社団法人 日本環境化学会)


 第27回環境化学討論会開催概要
  http://www.j-ec.or.jp/conference/27th/index.html

通し
No.
演題
番号
種別 タイトル
発表者
1 1A-12 口頭 ヘキサクロロブタジエン(HCBD)の高感度分析:他のPOPsとの同時分析の可能性について
○辻沢 雄将,嶽盛 公昭,中井 勉,木邑 奈美,井上 毅,高菅 卓三 (島津テクノリサーチ)
2 1B-13 口頭 廃塗膜(塗料)中のコールタール分析方法に関する検討
○岩田 直樹,中井 勉,嶽盛 公昭,井上 毅,高菅 卓三 (島津テクノリサーチ)
3 1A-17 口頭 GC-Orbitrap MSによるダイオキシン類及びPOPs等環境分析への応用 (その1:GC-HRMSとの比較検討)
嶽盛 公昭,松下 尚史,辻沢 雄将,井上 毅,○高菅 卓三 (島津テクノリサーチ)
4 2D-11 口頭 POPs Monitoring Techniques and Evaluation from Frequent Monitoring of Ambient Air at Supersites, Japan
(大気環境中におけるPOPsのバックグランド地域での高頻度継続調査の包括的解析)

○Takumi Takasuga1, Takeshi Nakano2, Yasuyuki Shibata3 (1Shimadzu Techno Research, Kyoto, Japan, 2Graduate School of Engineering, Osaka University, Osaka, Japan, 3National Institute for Environmental Studies, Tsukuba, Japan)
5 P-032 ポス
ター
大気中のHexachlorobutadiene (HCBD) : 分析法開発とバックグランド高頻度調査地点での挙動
○高菅 卓三1,中野 武2,柴田 康行3 (1島津テクノリサーチ,2大阪大,3国立環境研)
6 P-124 ポス
ター
製品中の多環芳香族炭化水素(PAHs)分析における分析上の課題と検討
○岩田 直樹,中井 勉,嶽盛 公昭,井上 毅,高菅 卓三 (島津テクノリサーチ)
7 P-003 ポス
ター
絶縁油中PCB分析に関するクロスチェック(第8回)
○島村 唯史1,高橋 厚2,横堀 尚之3,嶽盛 公昭4,霤 典明5
(日環協・極微量物質研究会,1大和環境分析センター,2いであ,3住化分析センター,4島津テクノリサーチ,
5三浦工業)
8 P-004 ポス
ター
低濃度PCB含有廃棄物に関するクロスチェック(第2回)
○高橋 厚1,横堀 尚之2,島村 唯史3,嶽盛 公昭4,霤 典明5
(日環協・極微量物質研究会,1いであ,2住化分析センター,3大和環境分析センター,4島津テクノリサーチ,
5三浦工業)


page top