ニュース一覧
ご依頼の手順 TEL/FAXでのお問合せ フォームでお問合せ 分析依頼票のダウンロード
トップ > ニュース > 2010年 > 当社は第19回環境化学討論会(主催:日本環境化学会)で連名を含み、11題の研究成果を発表します

新着情報

当社は第19回環境化学討論会(主催:日本環境化学会)で連名を含み、11題の研究成果を
発表しました。〔 内、7題は当社による発表です。(口頭 4題、ポスター 3題) 〕


 長年培った極微量化学物質の分析技術を活かし、新たな環境問題に対しても、積極的に調査研究や分析技術開発を行っています。
その成果の一部を第19回環境化学討論会(6月21〜23日 於:中部大学)で発表しました。
 具体的には対象物質も多岐にわたり、今回話題のPCB簡易分析技術の他、タミフル、エンドスルファン、短鎖塩素化パラフィン、
有機フッ素化合物、ダイオキシンなどを含み、また、分析技術では、GC-HRMS,GC-ECD,LC-MS/MS,GC-TOFMSや、
マルチディメンジョナルGCなど今まで以上に幅広く、調査研究支援や分析技術開発を推進しております。

通し
No.
演題
番号
  タイトル
著者名
1

1A-04

口頭 GC/HRMSを利用した絶縁油中PCB分析の簡易分析法の応用
○岩田直樹, 井上 毅, 石田智子, 羽村陽平, 高菅卓三(島津テクノリサーチ)
2 P-055 ポス
ター
カネクロール等量混合品のキャピラリーGC/ECDクロマトグラムでの各ピーク組成と重量比(CB0(%))の確認
○羽村陽平, 嶽盛公昭, 松神秀徳, 岩田直樹, 井上 毅, 高菅卓三(島津テクノリサーチ)
3 1B-04 口頭 下水試料中のタミフルのLC-MS/MSによる分析
○中村明広, 松神秀徳, 八十島 誠, 高菅卓三(島津テクノリサーチ), 小森行也, 南山瑞彦(土木研)
4 2C-09 口頭 環境試料中エンドスルファンのGC-HRMS(NCI)による分析
○苗田千尋, 松神秀徳, 高菅卓三(島津テクノリサーチ)
5 2C-10 口頭 大気中の短鎖塩素化パラフィンのGC-HRMS(NCI)法を用いた分析
○松神秀徳, 苗田千尋, 大井悦雅, 高菅卓三(島津テクノリサーチ)
6 P-035 ポス
ター
GC-HRTOFMSによる環境試料中の微量有機ハロゲン化合物の高感度・高精度検出と同定
○高菅卓三, 松神秀徳, 嶽盛公昭(島津テクノリサーチ)
7 P-082 ポス
ター
製品中PFOS/PFOA分析の試験機関間比較について(その2)〜共同実験〜
○大井悦雅, 林 篤宏(島津テクノリサーチ), 石井善昭(環境管理セ),鈴木冬彦(JFEテクノリサーチ),
石竹美帆(住化分析センター), 河野洋一(日本食品分析センター), 山本 泉(中外テクノス),
山本 潤, 松村 徹(いであ), 橋爪一樹(環境技研), 会田祐司(内藤環境管理), 石川 実(クレハ分析センター),
小柴真樹(新潟県環境分析センター), 渡辺幸久(上越環境科学センター), 中村昌文(日吉),
日本環境測定分析協会 極微量物質研究会
8 P-014 ポス
ター
食塩電解過程に由来するダイオキシン類の異性体/同族体比率による発生源推定
○東野和雄, 高橋明宏(東京都環科研), 山本 央(東京都下水道局), 大浦 健, 雨谷敬史(静岡県立大),
佐々木裕子, 橋本俊次(国環研), 柏木宣久(統計数理研), 嶽盛公昭, 高菅卓三(島津テクノリサーチ)
9 1B-17 口頭 日本、韓国、ベトナムの成人女性における血中有機フッ素化合物の評価
○原田浩二, Yang Hye-Ran, 人見敏明, 井上佳代子, 新添多聞, 小泉昭夫(京大・医・環境衛生),
Moon Chan-Seok(釜山カトリック大学), 渡辺孝男(宮城教育大学), 加美山茂利(杜の都産業保健会),
竹中勝信(高山赤十字病院), 渡邉清彦, 高菅卓三(島津テクノリサーチ)
10 P-056 ポス
ター
マルチディメンジョナルGC/MSを用いたPCB類の分析
○平岡敬朗, 芝本繁明(島津製作所), 羽村陽平(島津テクノリサーチ),
大橋 眞, 藤井大将(エス・ジー・イージャパン)
11 P-057 ポス
ター
マルチディメンジョナルGCを用いたPCB抽出試料中夾雑成分の分離検討
○芝本繁明(島津製作所), 羽村陽平(島津テクノリサーチ)
page top