ニュース一覧
ご依頼の手順 TEL/FAXでのお問合せ フォームでお問合せ 分析依頼票のダウンロード
トップ > ニュース > 2008年 > REACH対応 高懸念物質(SVHC)の分析はお任せ下さい

新着情報

REACH対応 高懸念物質(SVHC)の分析はお任せ下さい

当社では欧州化学物質庁(ECHA)が10月28日にSVHC候補リストにあげた15物質について、豊富な経験と高度な分析技術を活かした受託分析を行っております。

REACH規制では、1,500物質と言われるSVHCがいつ特定されるのか注目されています。
2008年6月30日に、第59条3項により加盟国から16物質が提案され、インターネットコンサルテーション(2008年6月30日〜8月14日)が実施されました。
2008年10月7、8日に開催されたECHAのMSC会議において、10月末にシクロドデカンを除く15物質をSVHC候補リストとしてあげることが合意され、10月28日にウェブサイトにSVHC候補リストが公開されました。
REACHではEUで製造・輸入される化学物質だけでなく、成形品(articles)も対象となっています。

SVHC(Substances of Very High Concern)の対象は以下のとおりとされています。
   1. 一定程度以上の発ガン性・変異原性・生殖毒性物質(CMR物質)
   2. 残留性、蓄積性、毒性を有する物質(PBT物質)
   3.
残留性及び蓄積性が極めて高い物質(vPvB物質)
   4.
上記以外の化学物質で、内分泌かく乱特性を有しており、人の健康や環境に深刻な影響がありそうなもの(個別に特定)

EU向け製品では、REACHの他に様々な指令等が出ています。
SVHCとして提案された15物質の分析だけでなく、RoHS指令6物質、包装及び包装廃棄物指令・ELV指令4物質、フタル酸エステル類、PAHs、PFOS等の他の物質も同時に分析されることをお薦めします。

当社では、これらの化学物質の分析に幅広く対応しておりますので、セットで申し込まれますと無駄のないデータ取得が可能です。

物質名 CAS No. 提案理由 用途例(ECHAより引用)
1 アントラセン 120-12-7 PBT アントラキノンの原料、花火
2 4,4’-メチレンジアニリン 101-77-9 CMR
エポキシ樹脂硬化剤、接着剤硬化剤
3 フタル酸ジブチル 84-74-2 CMR

軟化剤(PVC可塑剤)

4 塩化コバルト(II) 7646-79-9 CMR 乾湿指示薬、アンモニアガス吸収剤、ガスマスク、ビタミンB12の製造
5 五酸化ニヒ素(ヒロヒ酸) 1303-28-2 CMR 染色、冶金、工業用特殊ガラス、木材防腐剤
6 三酸化二ヒ素 1327-53-3 CMR ガラス・エナメルの漂白剤、特殊ガラス等の清浄剤・酸化剤
7 二クロム酸二ナトリウム・二水和物 7789-12-0 CMR クロム化合物(硫酸クロム)の製造、無機クロム酸系顔料の製造
8 2,4,6-トリニトロ-5-tert-ブチル-1,3-キシレン
(ムスクキシレン)
81-15-2 vPvB 香料
9 フタル酸ビス(2-エチルヘキシル) 117-81-7 CMR PVCの可塑剤
10 ヘキサブロモシクロドデカン 25637-99-4 PBT 難燃剤
11 塩素化パラフィン(短鎖)(SCCPs) C10-13 85535-84-8 PBT 潤滑油
12 ビス(トリブチルスズ)オキシド 56-35-9 PBT 殺虫剤、防汚塗料
13 ヒ酸鉛(PbHAsO4) 7784-40-9 CMR 殺虫剤、化学兵器、木材防腐剤
14 ヒ酸トリエチル 15606-95-8 CMR
15 フタル酸n-ブチルベンジル
(ブチルベンジルフタレート)
85-68-7 CMR 軟化剤(PVC可塑剤)