background image background image

異臭クレーム解析

概要

クロマト技術・におい識別装置・官能試験の組み合わせでにおいやかおりを総合的に評価します

nioi_image
異臭クレーム解析 食品、化学製品、工業原材料、電気製品、室内の異臭の調査
においの調査・評価 体臭の調査および関連商品の評価・室内空間中のにおいの調査など
視覚化・グラフ化 食品、容器包装材のにおいの強さの比較、販促資料作成の支援
性能・機能の評価 容器包装材の臭気の評価、消臭・脱臭の評価、低臭化の評価など
調査・研究支援 においや香気に関する調査や研究、データ取得の支援
快適環境の支援 事業場等の職場環境の臭気改善の支援
環境分析 特定悪臭物質測定、臭気指数測定

 異物・不良品などのクレームと異なり、異臭はクレーム対象が目に見えないため、その原因究明は非常に難易度が高いです。当社では異臭クレームの解決のお手伝いを行います。

 ①製品の異臭クレームにおける原因物質の探索・特定
 ②室内等の環境中の異臭原因の調査

対象化合物

サンプリング
 多数のサンプリング機材を有し、さまざまな臭気のサンプリングに対応します。
 

①製品からの臭気のサンプリング  ②室内気体のサンプリング
製品からの臭気のサンプリング2
サンプル
室内気体のサンプリング
①製品からの臭気のサンプリング 
製品からの臭気のサンプリング2
サンプル
②室内気体のサンプリング
室内気体のサンプリング

分析・試験項目

機器分析による異臭原因物質の探索・特定(におい嗅ぎ-GC-MS)
 有臭と推定される化合物は40万種以上あると言われています。また、においは、一般的に複数の化学物質で構成され、気体中の各化学物質の濃度は非常に低濃度である事がほとんどです。製品からの異臭クレームでは、製品の変質、製品由来の有臭化合物の割合の変化、容器包装材の影響、外部からの曝露(移り香)などが原因となることが多く、原因物質の特定には高度な技術が必要です。
 当社では、におい嗅ぎ-GC-MSシステムを用い、クロマト分離後の試料のにおいを鼻で嗅ぎ、においを確認し、成分の同定を行います。

におい分析イメージ
主なにおいの種類 化合物の例 においの質の例 においの発生例 分析方法の例
含硫黄系  硫化水素
メチルメルカプタン等
腐った卵様臭
腐った玉ねぎ様臭
食品等の腐敗
下水
GC-FPD
含窒系   アンモニア し尿様臭 ペット IC
アミン類  腐った魚様臭  ペット、魚  GC-FID、 IC
カルボン酸系  酢酸 酸っぱいにおい 化学工業、腐敗 IC
低級脂肪酸 むれた靴下様臭 生体、ペット GC-FID
アルデヒド類  ホルムアルデヒド~ 薬品様臭 工業製品 HPLC(DNPH)
アセトアルデヒド~ 甘酸っぱい焦げた様臭 工業製品、燃焼 GC-MS
有機溶剤系 VOC ガソリン様臭 工業製品、溶剤 TD-GC-MS
カビ臭    2-MIB
ジオスミン
2,4,6-TCA
2,4,6-TBA
カビ様臭
水道水、エアコン
木材、食品
P&T-GC-MS
TD-GC-MS
TD-GC-MS-O
薬品臭 フェノール他 インク様臭他 工業製品 GC-MS他
獣臭 クレゾール他 獣様臭 ダンボール他 TD-GC-MS
燃焼ガス  SOx
NOx
排ガス様臭 燃焼 JIS等
不明な場合 揮発性の有機化合物を(VOC等)を主な調査対象とします TD-GC-MS
液体の場合    水溶液から発散する臭気
水溶液中の溶存臭気 
HS-GC-MS
P&T-GC-MS
IC
pH(性状確認)

※詳細は技術情報の
 「におい嗅ぎ-GC-MSによる生活環境で感じられる不快なにおいの評価
 「におい嗅ぎ-GC-MSを用いたダンボールの異臭成分(付臭成分)の固定」をご覧ください。 

におい嗅ぎ-GC-MSの有効性について

GC-MSによる正常品と異臭品の比較分析では異臭の原因物質の探索には不十分です。 検出されたピーク面積が大きい化合物が異臭の原因物質とは限りません。
においは、多成分の複合臭気で構成されることが多くあります。成分の定量結果に閾値(各化学物質のにおいの強さ)を加味することにより、存在比率ではわずかな小さなピークの物質が、実はにおいの成分の主体となる場合があります。
そのため、クロマトグラフで分離した各ピークのにおいを実際に嗅ぐ事は、においの原因物質を特定するために有用な方法です。

s05_hiritu

分析・試験方法

におい識別装置や官能試験による異臭の評価
 クロマト分析で対応できないにおいは、におい識別装置や官能試験による評価を行ないます。

<におい識別装置>

ff2020

におい識別装置によるにおいの評価方法

  • 類似度(においの質の評価)
    サンプル間のにおいの質の違いを検量線の作成に使用した9種類の基準ガスとの類似性として%で表示します。
  • 臭気寄与(においの強さの評価)
    各サンプルのにおいの強さの特徴を検量線の作成に使用した9種類の基準ガスに置き換えて表示します。
  • 臭気指数相当値(においの強さの評価)
    各サンプルのにおいの強さを相対的に数値化して比較します。
  • 試料間類似度(においの質の評価)
    サンプル間のにおいの質の類似性を%で表示します。
  • 主成分分析(サンプルのグループ化)
    データを多変量解析することにより2次元もしくは3次元座標にプロットしてサンプルの類似性を視覚化します。
  • クラスター解析(サンプルのグループ化)
    データを多変量解析することによりサンプルの測定結果が似ているものを集めて分類をします。

<官能試験>

 人の嗅覚には幅があり、弱いにおいでも敏感に感じる人がいたり、良い香りであっても、強すぎると不快に感じたりと個人差が大きいのも特徴です。臭気判定士による官能評価や複数のパネルによる官能試験(三点比較式臭袋法による臭気濃度・臭気指数測定、快・不快度測定)によりにおいの数値化を行います。

kannou

機器分析による特定悪臭物質の測定
 悪臭防止法では、不快なにおいの原因となり、生活環境を損なうおそれのある物質であって政令で指定する22物質を特定悪臭物質として規制しています。
 当社では、法律に基づく特定悪臭物質測定・臭気指数測定も行います。

関連情報