技術情報
ご依頼の手順 TEL/FAXでのお問合せ メールでのお問合せ 分析依頼票のダウンロード
トップ > 技術情報 > 物性測定 > 洗剤中マイクロカプセルの物性測定
洗剤中マイクロカプセルの物性測定
 マイクロカプセルは、微小なカプセルの中に、芯物質を閉じ込めることで、芯物質が外部環境へ放出される時期、場所、速度をコントロールすることができ、香料、医薬品、接着剤、口中清涼品など、様々な製品に使用されています。
 液体洗剤中に含まれるマイクロカプセルの粒度分布をレーザ回折・散乱法で測定し、さらに微小圧縮試験で破壊強度の測定を行いました。

■測定方法
粒度分布測定
  試料を純水で希釈分散し、レーザ回折式粒度分布測定装置SALD-2300にて粒度分布測定を行いました。
破壊強度測定
  試料を純水で希釈分散し、少量を下部加圧板上で風乾した後、微小圧縮試験機MCT-510にて圧縮試験を行いました。

■試験結果
 マイクロカプセルをデジタルマイクロスコープで観察した結果、数μm〜数10μmの球状粒子の存在が確認できました(図1)。
 さらに、粒度分布測定の結果から、1μm以下から100μmまでの広い範囲に分布していることが分かります(図2)。

 
図1 観察写真   図2 粒度分布測定


 次に粒子径16μmのマイクロカプセルを微小圧縮試験し、その破壊強度を算出しました。試料の変形による抵抗力を感知し、装置が試料表面位置と認識した点から試験を開始しています。
 その結果、明瞭な破壊点が確認され、非常に弱い試験力で潰れていることが分かります(図3)。測定後の粒子を観察したところ、潰れて下部加圧板に付着していました(図4)。
図3 試験力−変位グラフ

 
表 微小圧縮試験測定結果

粒子径
(μm)
破壊試験力
(mN)
破壊強度
(MPa)
16 0.7 2.2



  図3 試験力−変位グラフ   図4 微小圧縮試験前と試験後の写真