業務案内
ご依頼の手順 TEL/FAXでのお問合せ メールでのお問合せ 分析依頼票のダウンロード
トップ >  業務案内 > 分析テーマ トラブルシューティング
トラブルシューティング
 
島津テクノリサーチのトラブルシューティング
 「問題解決の基本原則は、最も単純で確率の高い原因から検討開始するというものである。」
 この原則を分析に応用し、いきなり詳細な分析には取り掛からず、全体を把握する試験から、段階的に確実に問題の本質へと近づき、解決に至る取り組みをお勧めしています。

 
異物混入
 
有機物か、無機物か。動物か、植物か。金属か、非金属か、等々
光学顕微鏡、FT-IR、EDX等を用い分析します。
   対象サイズ:10〜20μm以上
 粒子1粒、繊維1本を分析 生物、樹脂、金属等幅広い対象を試験
形質異常、接触不良、ボイド、クラック欠陥
 
部品や材料における構造上の欠陥、 形状によるものか、それ以外によるものか、できるだけ破壊せずに 外観や、内部を覗いてみる必要があります。
   対象サイズ:1舒幣紂100舒未泙
 素材、部品、製品1個
におい、異臭、悪臭  
異臭、悪臭は言葉で表現するのも難しいものです。
また、ヒトの嗅覚には幅があり、個人差が大きいのも特徴です。
分析機器とヒトとの複合分析で調査します。
   対象分野:食品、自動車 化学、繊維、建設関連など様々な業種
規制・有害物質  
混入する異物は、形あるものが多いのですが、農薬や有害物質等、目に見えな いものが混入することもあります。このような化合物、化学物質の混入物は、クロマトやICPで測ってみる他ありません。
   対象:数gから数kg
 農薬や重金属類、特定臭素系難燃剤、VOC等、各種公定法等に従う
放射能測定  
目に見えない、においも感じない放射能は、放射される放射線を検知して計測します。放射性セシウム、放射性ヨウ素、放射性ストロンチウム等を測定します。
   対象:一般食品、飲料水、医薬品、日用品、工業製品、環境試料
 (水・土壌等)、廃棄物など

 
 食品・飲料はもとより、医薬品、化成品、樹脂、金属、セラミックス、電子部品、製品等様々な材料および製品などは、これらにおいて、調理や製造、輸送等の過程で、残念ながら、どうしても避けられない何らかの不良、不具合は発生してしまいます。
 当社では、長年、混入・付着異物、異臭、規格を外れたもの等の検査を行っております。
 対象別にこれらの問題への対応について、詳細をご紹介します。

 
[any value]
page top
[any value]