業務案内
ご依頼の手順 TEL/FAXでのお問合せ メールでのお問合せ 分析依頼票のダウンロード
トップ >  業務案内 > 分析分野 有機分析
有機分析
●ガスクロマトグラフ (GC)      ●ガスクロマトグラフ質量分析(GC/MS)       ●高速液体クロマトグラフ計(HPLC) 
●高速液体クロマトグラフ質量分析計(LC-MS/MS)   
 
 様々なクロマトグラフを駆使し、多分野の有機化合物の定性・定量分析を行ないます。ご指定の分析条件での分析の他に、分析条件の検討、抽出・濃縮・クリーンアップ・誘導体化などの前処理にも対応します。
 
ガスクロマトグラフ (GC)
 ガスクロマトグラフを多数保有し、様々な有機化合物の分析を行ないます。

<主な装置>
  GC-2014、GC- 2010、 GC-2010plus Tracera(島津製作所)
  導入手法: 直接注入法、ヘッドスペース法、マイクロ固相抽出(SPME)法
  検出器: FID, ECD, FPD, TCD, BID(バリア放電イオン化検出器)
<応用分野>
定量分析 製品中のにおい成分及びVOC類の分析
無機ガスの分析 溶剤の純度試験
バイオディーゼル燃料の性状試験    
  分析条件が不明の場合、分析条件を検討します。
GC-2014、GC- 2010(島津製作所)
GC-2014
GC-2010Plus+BID-2010Plus
Tracera

ガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS)
 種々の応用システムを備えたガスクロマトグラフ質量分析計を用いて、様々な有機化合物の分析を行ないます。

四重極型ガスクロマトグラフ質量分析(GC/MS)

<主な装置>
  GCMS-QP2010 Ultra、GCMS-QP2010 Plus、GCMS-QP2010(島津製作所)
四重極型ガスクロマトグラフ質量分析計(GCMS-QP2010シリーズ)
  導入方法: 直接注入法、ヘッドスペース法、パージ&トラップ法、加熱脱離法、
マイクロ固相抽出(SPME)法、熱分解法
  分析手法: GC/MS・SIM法(定量分析)、GC/MS・SCAN法、
発生ガス分析(EGA/MS)法 、シングルショット分析(Py/GC/MS)法、
ダブルショット分析(TD/Py/GC/MS)法、
ハートカット分析(Heart-Cut EGA/GC/MS)法
<応用分野>
成分分析 定量分析 未知成分の同定
不純物の同定 発生ガス分析 ポリマーの分析
UV照射による光・熱・酸化劣化に伴う生成物の分析
  分析条件が不明の場合、分析条件を検討します。

トリプル四重極型ガスクロマトグラフ質量分析(GC/MS/MS)
 シングル四重極型質量分析計だけでなく、トリプル四重極型ガスクロマトグラフ質量分析も保有し、夾雑成分の多い試料の分析について、高精度分析を行ないます。

<主な装置>
  GCMS-TQ8030(島津製作所)、
トリプル四重極型ガスクロマトグラフ質量分析計(GCMS-TQ8030)
  導入方法: ヘッドスペース法、マイクロ固相抽出(SPME)法
  分析手法: MRM法(多重反応モニタリング法)、
SCAN法(プロダクトイオンスキャン)
<応用分野>
成分分析 定量分析 夾雑分の多い試料(食品分野など)
未知成分の同定 不純物の同定    
  分析条件が不明の場合、分析条件を検討します。

マルチディメンジョナルGC/GCMSシステム MDGC/GCMS
 2本のGCカラムで分離を行うため、通常のGC-MSと比べて高い分離能を有し、光学異性体の分離を行うことが可能です。また、夾雑成分の多い試料に含まれる微量成分の分析にも、高い再現性と精度での分析が可能です。さらに、におい嗅ぎ装置を接続することで、より高い精度でのにおい嗅ぎ定性分析が可能です。

<主な装置>
  加熱脱離−マルチディメンジョナルGC/GCMSシステム
(MDGC/GCMS)(島津製作所)
  マルチディメンジョナルGC/GCMSシステムMDGC/GCMS-2010シリーズ(島津製作所)
  導入方法: 濃縮(SPME、Tenax TAやMonoTrap等による捕集)、
加熱脱離法
<応用分野>
成分分析 光学異性体の分離
におい嗅ぎGC-MSなど    

その他のGC/MS
 四重極型質量分析計(QPMS)だけでなく、二重収束型質量分析計(HRMS)や飛行時間型質量分析計(HRTOFMS、QTOFMS)を所有し、高感度、高速かつ幅広い質量範囲で精密質量スペクトルの測定及び定量分析が行えます。
GC-HRTOFMS(ガスクロマトグラフ-高分解能飛行時間型質量分析計)は、精密質量スペクトルから元素組成を推定できることから、未知物質の同定に効果的です。また、選択性の高い精密質量分析を行うことで、多くの微量成分の高感度定量分析も可能です。

<主な装置>
  GC-HRMS、GC-HRTOFMS、GC-QTOFMS
<応用分野>
極微量分析 精密質量を用いた未知成分の同定 未知有機ハロゲン化合物の検索
  分析条件が不明の場合、分析条件を検討します

高速液体クロマトグラフィー(HPLC)
 高速液体クロマトグラフを多数保有し、様々な有機化合物の分析を行います。また、アミノ酸、糖、有機酸などの生化学成分の定量分析も行います。

<主な装置>

  Prominence(島津製作所)
  検出器: RID、UV、SPD、RF、PDA、ELSD
  システム: アミノ酸分析システム、有機酸分析システム
HPLC
<応用分野>
定量分析 成分分析
平均分子量/分子量分布測定:水系、非水系(THF、DMF)による測定
アミノ酸分析: アスパラギン酸、スレオニン、セリン、グルタミン酸、プロリン、グリシン、 アラニン、システイン、バリン、メチオニン、
イソロイシン、ロイシン、チロシン、フェニルアラニン、ヒスチジン、リジン、アルギニン、アスパラギン、グルタミン、
トリプトファン、ホスホセリン、タウリン、ホスホエタノールアミン、ヒドロキシフロリン、ザルコシン、α-アミノアジピン酸、
シトルリン、α-アミノ酪酸、シスタチオニン、β-アラニン、β-アミノイソ酪酸、γ-アミノ酪酸、3-メチルヒスチジン、
1-メチルヒスチジン、カルノシン、アンセリン、ヒドロキシリジン、オルニチン、など
糖分析: 中性糖単糖類(ラムノース、リボース、マンノース、アラビノース、ガラクトース、キシロース、グルコース、
          フルクトース)
中性糖二糖類(シュクロース、セロビオース、マルトース、ラクトース、イソマルトース)
アミノ糖(グルコサミン、ガラクトサミン、マンノサミン)
有機酸分析: クエン酸、ピルビン酸、リンゴ酸、コハク酸、乳酸、ギ酸、酢酸、 レブリン酸、ピログルタミン酸、 プロピオン酸、
イソ酪酸、n−酪酸、イソ吉草酸、n−吉草酸 など
  分析条件が不明の場合、分析条件を検討します。

液体クロマトグラフ質量分析計(LC-MS/MS)
 LC-MS/MSを多数保有し、様々な有機化合物の分析を行ないます。

<主な装置>
  LCMS-8060、LCMS-8050、LCMS-8030(島津製作所) LC-MSMS
  分析手法:SIM法、MRM法、SCAN法
<応用分野>
微量有機化合物の定量分析 成分分析
グリシドール脂肪酸エステルの分析 REACH等の規制対象物質
  HPLC条件とMS,MS/MS条件の両方の確認が必要です。
  分析条件が不明の場合、分析条件を検討します。
 
[any value]
[any value]
page top
[any value]