業務案内
ご依頼の手順 TEL/FAXでのお問合せ メールでのお問合せ 分析依頼票のダウンロード
トップ > 業務案内 > 分析分野  構造解析
構造解析
●構造解析
●形態観察
●組成分析
●発生ガス分析
 
構造解析
 各種クロマトグラフィーやフーリエ変換赤外分光分析装置(FTIR)、X 線回折装置(XRD)、質量分析装置(MS)などを組み合わせて高分子材料や、有機化合物、無機化合物の構造解析を行います。

  FTIR   熱分解GC-MS
  FTIR   熱分解GC-MS

ラマン分析法
 物質に光を照射すると、散乱と呼ばれる現象も起こります。その散乱の中で、入射光と異なった波長をもつ、微弱な光(ラマン散乱光)の性質を調べることにより、物質の分子構造や結晶構造などを解析できます。

  顕微レーザラマン
  顕微レーザーラマン分光光度計
 ラマン分光法は、直接試料に触れることなく測定できます。また、ガラスなどの透明な材料越しの対象を測定できるため、ガラス瓶内の液中の異物なども取り出すことなく測定できます。
 また、当社では、アルゴン雰囲気のグローブボックス内で測定用の窓を備えた密閉容器(非暴露測定用のセル)内に試料を封入できるため、大気に暴露させずにラマン分光分析ができます。

  非暴露測定用セル   グローブボックス  
  非暴露測定用セル   グローブボックス   ラマンスペクトル(LIPF6)

 例えば、リチウムイオン二次電池の電解質に使用されている六フッ化リン酸リチウム(LIPF6)のように、空気中の湿気により加水分解しやすい材料も、非暴露測定用のセルに封入し、大気に暴露させず測定し、官能基の情報を得ることができます。

※技術情報の「構造解析」をご覧下さい。
[any value]
[any value]
形態観察
 材料の表面や内部・断面などの構造の観察や解析を行います。

  デジタルマイクロスコープ   X線CT   超音波顕微鏡
  デジタルマイクロスコープ   X線CT   超音波顕微鏡
[any value]
[any value]
[any value]
組成分析
 試料組成に適した前処理方法と各種クロマトグラフィーによる成分の分離分析、およびフーリエ変換赤外分光分析装置(FTIR)、質量分析装置(MS)、X 線回折装置(XRD)などの多様な分析法により、各種材料の組成分析を行います。

  XRF
  XRF
※技術情報の「FTIR及びGC/MS法によるフタル酸エステルの分析」「蛍光X線による状態分析」もご覧下さい。
[any value]
[any value]
[any value]
発生ガス分析
 有機化合物、高分子材料などを室温から高温まで加熱して発生したガスを定性・定量します。また、ご要望に応じた雰囲気下で燃焼し、生成するガス成分の定性・定量も行います。

  GCMS   大型チャンバー
  GCMS   大型チャンバー
 
[any value]
page top
[any value]