業務案内
ご依頼の手順 TEL/FAXでのお問合せ メールでのお問合せ 分析依頼票のダウンロード
トップ > 業務案内 > 医薬品の受託試験 バイオアナリシス(薬物濃度測定)
バイオアナリシス
 1983年(昭和58年)より医薬品薬物動態試験を開始しました。
医薬品の研究開発の様々なステージで必要とされる生体試料中の薬物とその代謝化合物の濃度測定(バイオアナリシス)法の開発及び開発された測定方法の導入、 バリデーション、並びに各試験で採取される実試料中のバイオアナリシスをGLP体制の下、信頼性基準で受託実施します。
 代表的な試験実施例としては、
    創薬における候補化合物に関する、ミクロソーム・へパトサイトを用いた代謝安定性、主要CYPの特定と代表的プローブ
化合物を用いた代謝阻害評価、CACO2膜透過性
    TKを含む各種前臨床試験からの体液、細胞、組織、臓器中の候補化合物と関連物質の濃度測定
    治験を含む各種臨床試験において実施される臨床薬物動態試験
    市販の有害事象発症に関連する薬物濃度測定

  生体試料中の微量濃度測定抗がん剤/抗生物質
  マイクロサンプリングデバイスを用いた微量薬物濃度測定 !NEW!
  薬物相互作用試験[定量的評価]
  分析法開発支援

[any value]
page top
[any value]